3歳からピアノ、中学入学後、吹奏楽部に入部後クラリネットを担当しました。

富士市立吉原第一中学校の顧問の先生のもと、一流の音楽家から指導を受ける機会が増え、音楽ってスゴい!と、のめり込んでいきました。二年連続で吹奏楽コンクール全国大会に出場、二年生で銀賞、三年生で金賞をいただきました。

高校は県内でも有数の進学校(静岡県立富士高等学校)に入学し、勉強との両立に悩みました。学生指揮で顧問は運転手の役目のみ、という高校生主体吹奏楽部に入部。音楽の教師になろうと音楽の勉強を本格的に始めました。

武蔵野音楽大学音楽教育学科に入学。

クラリネットを現クラリネット協会会長の山本正治氏に、ピアノを現ヴィルトゥオーゾ学科長の重松聡氏に師事。福井直秋奨学金を授与。
学内選抜のオーケストラと吹奏楽のクラスで高松、愛媛、沖縄、長野と演奏旅行や東京文化会館でのコンサートに出演。充実した学生生活でした。

進路についてはとても悩みました。
生活の不安定な演奏家になろうとは思わず、堅実な道を選びました。
卒業後は故郷の富士市役所に入庁。
公務員の傍ら、地元でクラリネットの指導を始めました。

結婚して長崎県へ。夫の勤務先について、長崎県の離島・対馬上県町、諫早市、大村市と転居。各地でピアノとクラリネットの音楽教室を主宰。現在長女は県外に就職し、夫と、次女、長男、義両親の6人家族。

子育てや義父母との同居、音楽教室運営から、コーチングの必要性を感じ、教育コーチング中級取得。

地元フリーマガジン『cocolo』と大村市の子育て雑誌『プリママ通信』でコラムを担当。

「街を音楽でオシャレに」をモットーに、諫早図書館、大村図書館、長崎市民FM「みんなのラジオ」で定期的にコンサートを開催。わたぼうしコンサートin長崎の常連プレイヤー。

いちのせともこ音楽教室主宰、大村音楽塾代表、大村音楽茶会主宰、黒河メソッド研究会会員、ピアノ講師ラボ会員、新現役の会おおむら会員、長崎市民FMあきやま辰夫の「みんなのラジオ」月一レギュラー、諫早図書館いちごの会会員(連絡係)、大村図書館金曜コンサート会員。

15年程前のある日のレッスン室で、ピアノの下にもぐって膝を抱いて出て来ない小学生のSちゃんがいました。いつもはよく弾ける生徒さんでした。

「Sちゃん、出ておいで。一緒にピアノを弾こうよ!」と声掛けをしても、うつむいて膝を抱えたまま出て来ません。

「今日はピアノ弾かなくていいよ。先生と遊んじゃおう!」

今日は生徒と遊ぶ日!と決めると、目を赤くした生徒がでてきました。

何が原因でピアノの下に隠れたのかまではわかりませんでしたが、子どもも私達も毎日同じ状態ではありません。フレキシブルなレッスンで、子ども達の心に寄り添うことも大切、と思った一件でした。

いろんな教材がありますが、昔のように「弾けたら合格」とすすんでいたら、どんどん教材は難しくなり、つまずきがでてきます。

今どこまで楽譜を理解して演奏しているか、を把握することで、生徒さんと教材のミスマッチを防ぐことが大切です。子どもは思っている事を表現しにくいこともあります。教師側が子どもの生徒の心に寄り添う事が大切だと考えています。

教室オリジナル「わかることグレード」や、「パラパラ音符」でシールを貼りながら出来ること、わかることを増やし、音楽力とともに自信を育てます。

現在は、ピアノストでピアノ教育者の黒河好子先生の教材を使い、本格的なヨーロッパのクラシック音楽の基礎を楽しく学びます。

また講師は、定期的に黒河メソッド研究会、ピアノ講師ラボ等で研鑽をつんでいます。

   ※ 1分で読める
     お役立ちメルマガ

長崎 ・ 大村から発信する:
愛と勇気と音楽と

メルマガの登録・解除が行える
メルマガ個別ページは、
コチラ→























































NEW

〒 856-0805
長崎県大村市竹松本町911-9
TEL/FAX 0957-55-9907

E-mail clapia_1023@yahoo.co.jp

本文へジャンプ

長崎・大村 ピアノとクラリネットの教室

独自開発指導法で  楽譜が読める! 音が変わる! コードで弾ける!

※プリママ通信コラム
 (クリックで拡大)

※ cocoloエッセイ
  (クリックで拡大)

大村音楽塾 代表 (詳細)

大村地区初
地域子育てソーシャルサポーター
に認定(長崎大学より)

新現役の会おおむら会員

大村商工会会員

(一社)日本青少年育成協会認定
教室コーチ(中級)

Twitterはこちら
https://twitter.com/#!/clapian

 プロフィール

いちのせともこ音楽教室



イメージ



 



Copyright (C) 2011 Ichinosetomoko Ongakukyoshitsu. All rights reserved